• Murai Toshio

「マイナーキーの正体」 その5


前回までのあらすじ

3つのマイナースケールのダイアトニックコード、その混ざり具合で色々な表情を見せるマイナーキー。

次に注目するのは「マイナーキーダイアトニックコードの機能」です。

例えば…

CメジャーキーでのFM7(ⅣM7)とAマイナーキーでのFM7(♭ⅥM7)は同じ機能でしょうか?

答え … 違います。

Cメジャーキーでのダイアトニックコードの機能(T…トニック、D…ドミナント、SD…サブドミナント)は以下のようになります。

◇カッコ付きの機能は代理コードです。例えば(T)はT(トニック)の代理です。

◇コードによっては実質的な用途を鑑み、トライアドで表記しています。

◇※印は実際の用途に関する備考です。


これをAナチュラルマイナーとして並べ変える、つまり「Am7 が一番エラい」という立場にすると、次のようになります。


マイナーキーのダイアトニックコードも、メジャーキーのⅠ〜Ⅶと同じ並びの機能になります。

例えば

Am7 |FM7 |

というコード進行があった場合、

これをCメジャーキーと解釈すれば

Am7 |FM7 |

(T) |SD |

これをAマイナーキーと解釈すれば

Am7 |FM7 |

T |(T) |

になります。

同じ調号の同じFM7ですが、Cメジャーキーではサブドミナント、Aマイナーキーではトニックの代理、です。

ハーモニックマイナーとメロディックマイナーのダイアトニックコードの機能も次のようになります。



これらのコードを使った進行を、Cメジャーキーでの機能、Aマイナーキーでの機能、に分けてみると、次のようになります。


ちなみに、クラシックにおけるマイナーキーのベーシックダイアトニックコードは、次の顔ぶれになります。


どうにもこうにも…マイナーキーには大量のダイアトニックコードがあります。そして、それらの機能にも多分にグレーゾーンがあり、複雑さは増すばかりです。

さて…では、それらを整理していきましょう。

次号につづきます。

#ジャズ理論音楽理論 #マイナーキー #短調

© 2018  Murai Toshio All Rights Reserved.